【至高のうな丼】鰻屋 三右ヱ門で平日のランチうな丼(1400円)をいただいて来ました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

以前から気になっていたお店があります。

東京は町田にある鰻の店です。

それは、「鰻屋 三右ヱ門」さんです。

なんと読むかわかりますか?

ウナギヤ サンエモン?

いいえ、ちがいます。

「ウナヤ サンヨモ」だそうです。なぜそう呼ぶのかは私も知りません(^_^;)。ユニークな名前ですよね。

そういう印象的なネーミングだと言うこともあり、以前から気になっていたお店でした。今日は他の用もあって、ついに同店に立ち寄ることができましたのでご紹介します。

お店の外観

これがお店の看板です。

入り口はなかなか落ち着いた佇まいでしょ。

メニューのプレートが入り口に置かれていました。お昼ご飯でも3,800円とか5,200円とか。そう、ここはお高い店なのです。

私のお目当ては、うな丼(1,400円)です。このお店では、このメニューがおそらく最も安い「エントリープライス」なのではないでしょうか?

実は月曜日から金曜日の平日限定ランチなのです。今日はこれを食べたいと思います。

お店の中

店内もとても落ち着いた雰囲気です。私が入店した時は客は私1人でしたが、すぐに次々とお客さんが来られましたよ。

バックグラウンドミュージックにはジャズがかかっていました。音楽もいい感じ♫

テーブル席はこんな感じ。

私が座ったカウンター席の真向かいは、ちょうどうなぎの「焼き場(?)」になっていました。

ガラス越しなので反射して見づらいですが、炭火と金網とアルミホイルが見えます(おしぼりも映り込んでいますが(^^;)。ここで職人さんが実際にうなぎを焼いておられました。

お料理

これが香の物とお吸い物がついたお昼の鰻丼です。

量は控えめですがなかなか美味しそうでしょ?

これがうなぎの近影。

こちらは香の物とお吸い物の近影。

さて、

お味はーーー。

ウンマー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!

うなぎはとろけるように柔らかかったです♪

うなぎを頬張るとき、口の中で小骨の存在を感知できませんでした。

噛むときに、歯の邪魔をするものがなにもない感じです!  分かります?

それっくらい、

*・゜゚・*:.。..。.:*  フワッ  *・゜゚・*:.。..。.:*

*・゜゚・*:.。..。.:*  トロッ  *・゜゚・*:.。..。.:*

ですよ、このうなぎ(^^)。

タレの味も非常に優しくて…。

正直、こんな味覚を味わわせられては、量が物足りないです(^^;。もっと食べたい❗️

昨今はうなぎはとても高いですよね。私もめったに食べることありません。

そんな中これほどおいしいうなぎというのは実に久々ですよ!!

いやーーーー。

今日は来て実に良かったなと思いましたね。

まとめ

ネットの口コミサイトを調べると、「秘密にしておきたい隠れ家」のようなお店と表現している人もいました。

それもよくわかりますね。ちょっと奥まった場所にありますし。それに基本的にここはそれほど安くはない(それだけの値打ちのある)お店です。

でも私たちのような庶民(?)にもわずかな希望があります!

これほどおいしいうなぎが1,400円で(平日限定とは言え)食べられるのですから。

やはり私としては、興味のある方にはぜひ行って味わってもらいたいと思いますね。

お店の雰囲気と合わせ、それだけの価値が十分にあると感じます。

お店の情報

鰻屋 三右ヱ門(ウナヤ サンヨモ)

東京都町田市中町1-17-7 マウントビル1F
駐車場 なし

営業時間
昼の部 11:30〜14:00
夜の部 17:00〜22:00

定休日 日曜日

場所はこちら

記事が気に入ったら押してね
記事が気に入ったら押してね
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)