【健康な鶏肉の味!】新旬屋 麺 山形さくらんぼ鶏金のつけ鶏塩中華

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

さすがゴールデンウィーク‼︎
平日でも混み方は土日以上でした。

天気は曇っていますが、雨は一切降らず、過ごしやすいと言えば過ごしやすい1日でしたね(風は強かったです)。

この5月の第六陣は、「大つけ麺博presents 最強ラーメンFes. ギョーザ&半チャーハンFes.」の最終週です。

最後の週だけ火曜日から日曜日まで日程を拡大して行われます。

入り口付近のポスターには「秋に大つけ麺博でお会いしましょう」という文言が記されていました。また秋にイベントがあるのかな?

私が見たところ、明らかに行列が多く人気が高いと思われる店が2店舗ありました。今回はそのうちの1つをご紹介したいと思います。

混み具合ナンバーワン! 新旬屋 麺

かれこれ15分くらい待たされましたかね。確かに今日は人が多いですが、それでも 1番多くの人が並んでいたと思います。

並んでいるあいだ、幟やポスターを眺めて過ごします。

幟には「どこか懐かしい」とあります。

山形のさくらんぼ鶏使用とあります。

別のポスターには、

さくらんぼ果汁で育った山形さくらんぼ鶏

一杯一杯丁寧に旨味を凝縮!
山形育ちの新ブランド鶏
柔らかい珠玉の鶏肉を
ご賞味あれ!

と書かれています。

言うまでもなく「さくらんぼ」と言えば山形の特産品。その特産品を利用して新たな特産品を生み出そうという訳ですか!

しかも贅沢にそれを使用してるわけでしょ?
これは期待をするなと言うほうが無理でしょう(^^)。

待ち時間を利用してお店の人の働く姿を観察したり、こういうポスターを見て想像をふくらませるのが楽しいんですよね♪

それぞれのお店が独自の世界を持っているわけですから、その世界を理解しようとすることが、ラーメンをよりよく味わうためのポイントだと思うんです。

全然関係ないけど、受付をしている女の子が可愛かったです♪

お店の人は皆黒いTシャツで統一していました。

背中には

成す為に
一生懸命
努力する
私ならできる

と書かれています。

いやー、一途な姿勢ですよね。土地柄ということもあるのかな。

人と特産品の織りなす、山形の粋を見せてくれ!

山形さくらんぼ鶏金のつけ鶏塩中華を食す

眺め

さて、これが新旬屋 麺の「山形さくらんぼ鶏金のつけ鶏塩中華」の俯瞰図です。

箱庭みたい(^^)。

大きめの海苔と

広い面積のさくらんぼ鶏のチャーシューによって、下の麺が見えません(^^;。

そして、このスープ! 黄金色に輝いてますね。

つけ麺の中では珍しくきっちり温度を保っていて、温(ぬく)かったですよ。

油が浮いてますが、この油を冷え固まらせないよう、温度を保つのも工夫なのかな。

味わってみる

麺は平打ち麺だそうです。コシが強い麺で食べ応えがあります。

公式サイトの情報では、「麺はつけ麺史上最強の超多加水麺」とありますね。

なるほど、だからなのか、やたらにモチモチとした食感ですね。美味い(^^)。
スープのだしにもにもさくらんぼ鶏を使っているとか。

この黄金色も鶏に由来するものなのでしょうね。もちろん油もです。

この油、まったくくどくないんです。

脂ぎってる感じはなくさっぱりとした印象ですね。

スープの味付けは、醤油ベースです。公式サイトでは「塩醤油味」となっていますね。

コクは深く、芳醇な味わいです。

鶏肉はじめとする具材

メインとなる鶏肉です。

素直な育ち方をしているなぁという感慨を感じる鶏肉の味ですね〜( ´ ▽ ` )。

臭みとかアクのようなもの全く感じません。

鶏肉の持つ本来の味、自然の味というものがそのまま口の中に入ってくる感じですね。

この大きくて平たい鶏肉以外にも、細切れになった鶏肉があらかじめスープに浸かっているんですね。

同じさくらんぼ鶏だと思いますが、味わいはもともと浸かっている細切れの肉の方が少し脂身があるかなという印象。

微妙にニュアンスが違うんですね。使用している部位が違うんでしょう。

それでも同じ種類の鶏だから、風味はどちらも非常にさっぱりとしていて「健康な味」なんですよ😄。

海苔は、磯の香りが強くて旨味が強い非常に品質の良い海苔である。

この海苔はいいなぁと思いましたね🎶。もう2枚くらい追加で欲しかったなぁ。

まとめ

店員さんは若い方が多かったですが、この道を極めるために一生懸命やっているんだなということが伝わってきました。

真面目で素直なお店の人たちが生み出した、真っ当で素直なつけ麺であるという印象を持ちました。

その純朴さ、ケレン味のなさに好感が持てましたね。

お店の情報

名称: 新旬屋麺(しんしゅんやめん) 新庄若葉町店

所在地: 〒996-0025 山形県新庄市若葉町9−33

営業時間:
月・水~金
昼の部 11:30~14:30
夜の部 16:30~21:00
(L.O.21:00)
※金曜日のみ翌3:00まで営業(L.O.2:45)


ランチ・ディナー 11:30~翌3:00
(L.O.2:45)

日・祝日
ランチ・ディナー 11:30~21:00

定休日:火曜日

電話: 0233-23-4634

地図はこちら

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)