【ギョーザの皮を楽しめ】神龍の豚富棒餃子のさっぱりとした味わい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先週先々週に引き続いて、町田はシバヒロにて行われているラーメン関連のイベントに今回も訪れましたのでレポート&レビューいたします。

まずはこのイベントの簡単なまとめをご覧ください

大つけ麺博presents 最強ラーメンFes. ギョーザ&半チャーハンFes.

開催場所:  シバヒロ 東京都町田市中町1-20-23

開催期間:  3月30日から5月7日まで。

概要: 週末に、全部で6つのグループに分けられて行われるイベント(第一陣〜第六陣)。

私が最初に行って雨で諦めたのが「第二陣」。
先週行ったのが「第三陣」。
そして今回のが「第四陣」。

当日のシバヒロ

今回訪れた日は天気が良く、暖かかったですね。

当然訪れているお客さんも多く、賑わっていました😄。

広場に入って正面がラーメンブース、右サイドがチャーハンとギョーザのブースになっています。
ラーメンは行列がいっぱいできていますが、チャーハン&ギョーザブースは人影がまばらです。

そんな中でも今回選んだギョーザのお店「神龍」さんは行列ができているほうでした。

同店は北海道にある店で、今回出品している品は、「豚富棒餃子」です。

なお、お店情報のまとめは記事の最後にありますのでご覧ください。

それではいよいよ食レポ&レビューです。

神龍の豚富棒餃子

これが棒餃子です。

醤油ダレとネギがかかっています。

タマネギベースのタレが非常にさっぱりしています。ネギもそれに貢献している。
そのタレにわずかだが酸味が効いている。いい意味で「軽い」ので、餃子にありがちな「重さ」はないです。

焦げ目がついてる方がカリカリしていて、その裏側はつるんとしている。その対比が面白いです。

歯ごたえがしっかりしている面、苦もなく噛み切れる柔らかい面。異なる対照的な食感を楽しめます

中の具の量は多くない。内部の具があまり自己主張してこないのは意外でした。

ニンニクの風味があまりなく本当にあっさり食べられます。

言うなれば、中華風と言うより和風の餃子という感じですかね。

感想

主役として舞台で脚光を浴びるのは、見事に計算され演出された餃子の皮なのかもしれないな、と感じました。

結論

餃子をさっぱり食べたい人、ニオイの気になる人、「重い餃子」を食べたくない人、量を食べたい人はこの棒餃子がオススメです♪

お店の情報

名称: 神龍

場所:北海道 札幌市中央区南11条西6丁目1-27

営業時間: 11:30~21:00(L.O.20:30)
ランチ営業、日曜営業

定休日: 水曜日

地図はこちら

記事が気に入ったら押してね
記事が気に入ったら押してね
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)