【ラーメンの究極進化形】“失われたコラボ麺”を求めて町田「しおらーめん進化」ラーメン店を訪れる〜最強ラーメンフェス落穂拾い企画〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最強ラーメンフェスで、町田のラーメン屋さん3店が「一番いちばん×天国屋×進化」として提供したという、「町田中華そば 鶏の極み~温故知新~」。

その味を求めて各店舗を巡る旅の、今回が最終回、第3回です。

訪れるお店は、「町田汁場 しおらーめん進化」です。

町田汁場 しおらーめん進化 町田駅前店の様子

「しおらーめん進化」 は、お店を2店舗構えています。私が訪れたのは、町田駅前店です。
本店よりも町田駅から近くて、アクセスには便利ですね。

大体歩いて5分ぐらいでしょうか。

お稲荷さんが祀られています。

その隣のビルの2階にお店はありました。

開店時間は11時。本店も日曜日に営業するようになったそうですね。年中無休だそうです。

開店5分前に到着しましたが、もちろん列ができています。二階へと続く階段のすぐ下まで人が並んでいました。

11時と同時に開店です。人数の関係で、私のすぐ前で締め切られてしまいました(^^;。

ガラス越しにお店の中を見る限り、店内のスペースに余裕はなさそうです。これなら仕方がないか。

一名で来たことを伝えると、まもなく通されました。 1番端っこのカウンター席が空いているんですね。

中に入ってみると、なるほど席の後ろを人1人が通るのがやっとという感じですね。

ところでメニューは、お店の看板メニューである「しおらーめん」に決まりです。

その中でもトッピングに贅を凝らした「しお全部のせ」にしたいと思います!

これは通常の塩ラーメンに豚チャーシュー、鶏チャーシュー、しお味玉が乗っかった贅沢バージョンです。

お値段は1,100円。

席に座って出来上がるのを待ちます。

お店の人は、厨房に立っていらっしゃる人が3人、お客さんの応対をしてらっしゃる人が1人。

皆さん明るく、キビキビとした感じで働いていらっしゃいますね。

店内にはヘビメタ(?)の曲が鳴り続けております。

私の座ってる席は1番右端です。左の奥から順番にラーメンが出来上がり、さあ私の順番が来ました。

他の方がおいしそうにラーメンをすする音を聞いて私も待ちきれなくなりました(^^)。

では、いただきます!

塩ラーメン「しお全部のせ」の味

これが「しおらーめん進化」の「しおらーめん しお全部のせ」の写真です。

スープ

一口スープをすすっただけで、笑ってしまうほどうまいことがわかりました(о´∀`о)。
塩気はそれほど感じません。極めてさりげない感じです。

しっかりうまみが出ています。

トータルで透明感あるさっぱりとした味です。

これは確かに…ここでしか味わえない味でしょうね。

各お店ごとに、それぞれのこだわりはあるでしょう。

このラーメンの場合、そのこだわりが計算され尽くしていて、しかもその計算がきちんとはまっている、そんな感じがします。

「進化」さんは、麺にもこだわりがあり、国産小麦100%だそうです。

また、張り紙がしてありまして、固ゆでとリクエストするのはNGだと店内に書かれていました。

それだけ麺の茹で加減にもこだわりがあるのでしょう。

麺は細ストレート麺でしょう。しんなりとしていてスープによくなじみます。

そうか、この柔らかさがスープによく合うのか! だからこその「固ゆで」NGなんですね。

チャーシュー

2種類のチャーシューが面白い。

全部のせの魅力は、そのトッピングにあります。

中でもチャーシューは、豚チャーシューと鶏チャーシューの2種類があります。それぞれ個性的でなかなか面白いですよ。

豚チャーシューは味がしっかり出ています。脂身もたっぷり。その反面筋があって若干噛み切りにくいです。

鶏チャーシュー。これが私のお気に入りです。

厚みはありますが、鶏らしいさっぱりとした味わいで、極めて柔らかい。鶏の出汁を使って作られたスープにすごくよく合うのです。

味玉とねぎ

塩味玉の柔らかさもすばらしい。柔らかすぎて半分に切って持つことができませんでした。

もちろん中身は半熟です。

さっぱりとしたスープにネギがよく合っています。

まとめ

「しおらーめん進化」の“真価”は、スープに凝縮されていると感じました。

スープのおいしさがハンパなく、不動の柱として中心にドンと据えられている。
それを軸に、麺であったり、チャーシューであったり他の具材が組み立てられているという感じがします。

5種類の塩が絶妙にブレンドされているというこの塩ラーメンのスープは、まったく塩辛くはなく、さっぱりとしていて、それでいて深い旨味があります❗️

このスープは味わってみる価値ありと断言します。

リピートしたいか?

ぜひしたい😊!

可能ならば今度は本店の方にも足を伸ばしてみたいですね。本店は町田駅から、より遠いところにあります。

幻のコラボ麺について

幻のコラボ麺の3番目のスープ、塩ダレを味わいました。コクが深く、それでいてさっぱりとした味わいを堪能しました。

また麺は、「進化」が作ったスペシャル麺だったそうです。進化の麺は素材から茹で加減までこだわり抜いていました。きっとスープとの絡み具合も絶妙だったでしょう。

おそらく全体的にさっぱりとしていて旨味が深いラーメンだったのだろうと想像します。

幻のコラボ麺を巡る旅を終えて

今回町田のラーメンの名店を巡ってみて思うこと、それは全国に名だたるラーメン店に肩を並べられる力量を発揮するお店が、わが町田にも存在するということです!

なんだか誇らしくなりますね☺️。

3店舗それぞれに確かな個性がありました。どの店のどのラーメンも素晴らしかった。優劣をつけることは不可能です。

ぜひ皆さん、どのお店にも足を運んでみてください。どれを選んだとしても、きっと満足のできる体験ができると思いますよ。

記事が気に入ったら押してね
記事が気に入ったら押してね
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)