【食うほど腹減る】焼肉清左ヱ門 本店 ジューシーハラミのやみつき餃子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

晴天に恵まれました「大つけ麺博presents 最強ラーメンFes. ギョーザ&半チャーハンFes.」。

ゴールデンウィークも終盤、同イベントもいよいよ最終日が近づいてきました。

日差しが強く紫外線も強い中、家族連れを始め今日も大勢の人が町田シバヒロに足を運んでいました。

今日はまず最初に餃子を食べようと決めてきました。

そして食べるならここだろうと当たりをつけてきたんです。

その店とはーーー

焼肉清左ヱ門 本店」です‼︎

理由は魅力的なキャッチコピーにあり。

肉の匠が本気で作った肉汁滴る牛ハラミ餃子

う〜〜ん❤️

気になりません?

気になるでしょう?

肉の匠が本気で作った」ギョーザを食べずに終わらせたら、後悔することになるんじゃないかと。

そうならないために、真っ先にここに並びましたよ😃。

受賞の数々

順番を待つあいだ、私はお店の正面に誇らしげに掲げられた数々の出演歴・受賞歴を眺めて過ごしました。

これらを眺めながら、期待のハードルを上げていきます♪。

腹減ったなぁ。

さあ、受け取った餃子を持って、早速試食ですよ。

せいざえもんの「ジューシーハラミのやみつき餃子」を味わう

これが「焼肉清左ヱ門」が自信を持ってお届けする「ジューシーハラミのやみつき餃子」の写真です。

見た目は簡素というかさっぱりとした印象ですね。

見ての通り塩がかかっています。醤油もほんのちょっとだけかかっています。調味料の味付けはそれだけです。潔いですね。

“喉越しの良い”餃子

この餃子の皮には特別のインパクトはないですね。

もちろんからっと焼きあがっていますし、言うことないです。

皮はどちらかというと薄めです。

薄い皮を噛むと、小龍包のように中の肉汁が口の中に入ってきます( ´ ▽ ` )。

この肉汁を楽しむのがポイントですね。

うんうん、たしかにジューシーだぞ。

中の餡

続いて中の餡です。

あー、これは素直に肉の味を楽しむコンセプトだなということがすぐにわかります。

素材の味で勝負するためにあえて調味料も控えめにしているのだろうな、と。

(*´꒳`*)

一切のクセがなく極めて素直な肉の味を楽しめますねぇ。

公式サイトによると、「希少部位・ハラミと鶏セセリ」を使用とあります。ブレンドの具合が絶妙なんでしょうね。

ニンニクの臭いもあまり強くないです。
それも、肉の味を楽しんでもらいたいという配慮なんじゃないかと。

結果、おいしい肉をグイグイと喉の奥に押し込みたくなる、飲み込みたくなるんです🎵。

見出しで、「喉越しの良い餃子」と言ったのはまさにこれ。

普通「喉越しの良い」なんて言葉は、ビールとかうどんそばとかにしか使いませんよね。

でもそんな言葉をあえて使ってしまいたくなるくらい、ぐびぐびイケますよ(笑)。

最後に

こんな調子では、小さな餃子五個などすぐに食べてしまう。

それが残念ですね。

食べることで、かえってお腹が空いてしまうという、まことに“罪つくりな餃子”でありました😋。

お店の情報

店名: 焼肉清左ヱ門

本店住所:東京都 港区六本木3-14-9 ユア六本木ビル地下1階

電話番号:03-6804-6061

地図はこちら

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)