後味を良くするために、モスバーガーのシェイクストロベリーを活用する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今回は、焼肉清左ヱ門の餃子花鳥風月の海老ワンタンメンくり山のつけ麺、といただきました。

ニンニクの臭いが気になるメニューはなかったものの、それでもラーメンや餃子を食べてるうちに口の中が重いというか後味が悪くなってきました。

前回、食後にマクドナルドに立ち寄り、マックシェイク ストロベリーを頼んだ話は記事にしました。

ニンニクの臭いを中和するために、マクドナルドのマックシェイク・ストロベリーを活用する
「大つけ麺博presents 最強ラーメンFes. ギョーザ&半チャーハンFes.」での話。 特にニンニクの強烈だった...

今回はモスバーガーに足を運ぶことにしました。

マクドナルドのシェイクと比較したら、どうなるんだろうと思いまして。

モスバーガー町田駅ターミナル口店の印象

これが町田のモスバーガーです。

町田のモスバーガー店舗はそれほど広くありません。

1階は既に満席、2階も9割がた埋まっている印象でした。

(マクドナルドの2階には無かった喫煙ルームが、モスバーガーでは結構広いスペースを取っているも、座る席があまりない印象となった理由でしょう。ちなみに私はタバコを吸いません)

2階席にもしばしば店員さんが訪れてどなたかの注文したハンバーガーなど持ってきていました。Oh! 親切ですね(*_*)。

なんか、ファーストフードは、セルフサービスっていうイメージが強かったんですよね。

総じてモスバーガーの店員さんはいい意味でアナログ的というか、にこやかできめ細かいサービスをお客さんに対してしている印象でした。

一方のマクドナルドはもっとデジタル的。システムに従って、店員さんが動いているという印象でした。

お店のもつ内装とか設備のセンスは、マクドナルドの方が洗練されているかな、という印象でした。

モスには、温かみがありますしね。

長らくモスバーガーを訪れていなかったのですが、やっぱりマクドナルドとモスバーガーって、対照的なカラーを持つお店なんだなと改めて感じましたね。

好敵手として、これからもそれぞれ“らしさ”を発揮して、競い合ってほしいですね。

モスシェイクのストロベリー

今回頼んだのは、モスシェイク ストロベリーのSサイズ。価格は250円です。

モスシェイク ストロベリーのSサイズのカロリーは、186キロカロリーです。

で、本題のシェイクはかなりおとなしい印象でしたね。

風味自体は、甘味と酸味のバランスが取れているという感じでした。

モスバーガーのストロベリーシェイクは、マクドナルドのに比べると比較的固めでした。

周りから溶けて行ってもなお、中央部分が溶け残っているという感じです。

価格は、一回り小さいSサイズでモスバーガーが250円、マクドナルドが一回り大きいMサイズで200円ですから、若干モスバーガーの方が高めです。その分モスバーガーらしく、品質にこだわってるかもしれません。

少し固めのシェイクを口の中で溶かすことを楽しみつつ、甘み酸味のバランスが良くてマイルドなイチゴの風味を味わいました😋。

なお、口の中の後味はバッチリ良くなりましたよ(^^)。

記事が気に入ったら押してね
記事が気に入ったら押してね
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)