モンテールのHERSHEY’S ダブルチョコサンドはユルフワのチョコを安心して楽しめる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

モンテールの“スゴさ”

スクリーンショットは モンテール社のサイトより

私は、モンテールには特別な思い入れがあります。

あれは、今から7〜8年前のこと。

とあるテレビ番組で、モンテールの特集をしていたんです。

画面から美味しそうであることは伝わってきましたが、それ以上にあることがすごく印象に残ったんです。

それは、モンテールの安全への取り組みです!

衛生基準がスゴい!

私が印象に残っているのは、衛生基準について同社が、法律で定められた以上の厳格な自社基準を定めてそれを遵守していることです。

国の定める基準では、許容される細菌の数は、 1グラムあたり100,000以下と定められています。

しかしモンテールでは、1グラム当たりなんと300以下です。

法律の基準で許される細菌生息数のわずか0.3%、これがモンテールが自らに課した基準なのです。

これをテレビで見たときにえらく感銘を受けてましてねぇ。

今でもよく印象に残っているんですよね。

クリーンルーム使用!

また、モンテールでは、製品を作るのにクリーンルームを使用しているそうです。よく半導体工場などで見られるような格好した作業員の方が働いておられる姿を記憶しています。

ハサップ⁉︎ スゲェ

さらに、モンテールでは「HACCP(ハサップ)」とよばれる衛生管理手法を採用しているとか。
参考 HACCP(ハサップ)とは

原材料の受入から最終製品までの各工程ごとに、微生物による汚染、金属の混入などの危害を予測した上で、危害の防止につながる特に重要な工程を継続的に監視・記録する工程管理の手法です。

これらのことは、モンテールのサイトにわかりやすく書かれています。

どうですか、現在でも変わらず安全安心に取り組んでいる姿勢が伝わってくるのではないでしょうか。

久しぶりにモンテールを手に取ってみる

そんなこんなでモンテールが好きになった私ですが、なぜかここ最近ご無沙汰していました。

スーパーに行ってスイーツ売り場の一角にモンテールのコーナーが目に留まりました。

・・・それを眺めているうちに、過去の記憶がむくむくと湧き上がってきたんです。

ああ、そういえばモンテールって、すごく良心的な取り組みをしている会社だったなー・・・。

そう思ってるうちに、無性に食べたくなって…、一個の商品を手に取りました。

それがダブルサンドです。

HERSHEY’S ダブルチョコサンド 小さな洋菓子店 のレビュー

これがモンテールの「HERSHEY’S ダブルチョコサンド」のパッケージです。

中身はこちら。

見た感じはーーーそのまま言えば「どら焼き」ですね(^^;。

でも味は全く違うはず!

いただいてみます。

外側の生地が結構しっとりしてます。

中のチョコレートクリームはふわっとしている。

HERSHEY’sのチョコレートはやや苦味があり、濃厚さが特徴ですね。

控えめの良さ

これは以前から感じていたことですが、モンテールのお菓子は基本甘さ控えめです。

その控えめな甘さの中においしさを見つけることができる。そこが良さなんですね。

まとめ

モンテールの製品は、大人から子供まで受け入れられる幅の広さを持つ良質なお菓子だと思います。

スーパーの棚には数々のメーカーの商品が並んでいます。ひょっとしたらモンテールの良さに気がつかずに見過ごしている方もおられるかもしれません。

この記事をきっかけに、モンテールの良さを知ってもらえれば、次の機会に陳列した品々の中で、モンテールの商品が少しだけ光って見えるかもわかりません。

もしそうなれば私としても嬉しい限りです😊。

記事が気に入ったら押してね
記事が気に入ったら押してね
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)