農薬フルーツをシールで一瞬判別する方法のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
By: Thad Zajdowicz

4月16日(日)に放送された「林先生が驚く初耳学!」にて、知っておくと役に立つフルーツに関する情報がありましたのでまとめておきます。

シールに書かれている番号の意味とは?

普通はスーパーなどでバラ売りされているフルーツの外見だけでは農薬・化学肥料が使われているかは判別不可能です。
しかし、農薬が使われているかは、シールを見ればわかる!

農薬の毒性(神経毒性)は体の小さな子供が特に影響を受けやすい

海外からの輸入果物に貼られているシール、実はこれを見れば農薬や化学肥料が使われているかどうかは一目瞭然なのだそうです。

番組で例示されていたラベルを再現するとこのような感じになります;

FLORIDA
4027
GOLD FRUIT ORANGE
#94285

さて、この番号は何を意味するのでしょうか?

PLUコードとは

実はこれらはPLUコード(商品価格識別番号)というもので、

  • 4桁で3か4から始まる番号 = 農薬・化学肥料を使用
  • 5桁で9から始まる番号 = 有機栽培

つまりこの例で言えば上のラベルは農薬・化学肥料を使用した果物下のラベルは有機栽培のものであることを意味します。

PLUコードについての参考になるサイト

参考 WHAT DO THOSE CODES ON STICKERS OF FRUITS AND SOME VEGGIES MEAN?

簡潔にまとめられた上記のサイトの情報も参考になります。

重要なポイントを要点だけまとめると次のようになります;

  • PLUコードの数字が4桁の場合:
    農薬を使用して、従来通りに”伝統的に”作られた農作物であることを意味する。

  • PLUコードに5つの数字があり、数字が「8」で始まる場合:
    遺伝的に組み替えられた農作物であることを意味する。

  • PLUコードに5つの数字があり、数字が「9」で始まる場合:
    有機的に生産されたものであり、遺伝子組み換えでないことを意味する。
記事が気に入ったら押してね
記事が気に入ったら押してね
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)