申し込み12時間でGoogleアドセンスに一発合格‼︎ 心がけたことを公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

いやあ、びっくりしました。すごいことが起こりました。

昨日の午前中に、このブログを開始して初めてGoogleアドセンスに申し込んだら、その日の夜に合格通知が来ました

当記事では、私がブログで心がけていることGoogleアドセンス合格へ至るプロセスをお話ししようと思います。

ひとつの事例ですが、こんなケースもあるということで参考になれば幸いです。

16日の23時35分、 1通のメールは届いた。

これをご覧ください。まだ開設したての真新しい Gmailアカウントです。 16日の午前中に取得しました。その直後に Googleアドセンスを申請。

連絡用に設定しておいた同Gmailアカウントに、 Googleアドセンスのアカウントの開設を知らせるメールが届いています。


この間の時間約12時間。そう、わずか半日で Googleアドセンスの審査に合格したのです!

当サイト(Pro.log)の状況

(いずれも2017年5月16日時点)

開始時期: 2017年4月1日
経過日数: 46日
投稿した記事: 44記事

使っているサーバー: エックスサーバー
ドメイン: 独自ドメイン

当サイトは、雑記ブログです。ここまでは身近なお気に入りの商品・食品、およびお気に入りのお店をレビューすることを主にやってきました。

これまでに書いた44記事の文字数は、最大で3,000文字程度、最少だと800文字程度。

平均1,200〜1300文字程度

図版多し。最強ラーメンフェスの記事などは平均10枚程度の写真を使用。

かなり写真は多く使っているほうだと思います。

そのせいか、まだ投稿数は少ないのにもかかわらずサイトボリュームは、 848 MBと多めです。
(現時点で、当ブログ以外に運用しておりません)

アクセス数など

開始して1ヵ月半で、閲覧数はトータル1,200回弱

1日平均で25回程度しか閲覧されていません。

上記画像は、便利なWordpress プラグイン「Jetpack」のデータです。

これまで述べてきたように、開始して間がなく、しかも記事数も少ない。独自ドメインである。

要は、我がサイトは弱小ドメインです。

したがって広告を出してもまだまだ収益化に結びつけられない状況です。

Googleアドセンスの申し込みをしようと思った理由

収益化には興味があるものの、PVが話にならないほど少ない状況では、広告を設置しても意味がないと思っていました。

一方で、情報収集のために訪れる様々なブログに、このような記述を見かけました。

はわわにっきさんの記事では、 Googleアドセンス合格までに3ヶ月かかったとあります。

女医はつらいよさんは、かかった期間が1ヵ月強、一次審査が3回、二次審査4回の合計7回申請して合格したと書かれています。

また上記ブログにはこのような記述もありました。

感想として、アドセンス申請が物凄く厳しくなっているなということ。実際は2016年の5月あたりから合格基準が厳しくなったようです。

それに呼応するように、

グーグルアドセンスの審査に通らない!厳しくなった審査基準のための対応策はこれだ!

2016年11月30日 グーグルアドセンス審査を通過した方法を徹底公開

など、 Googleアドセンスに合格するためのポイントを解説した記事がたくさんアップされていますね。

これは、それだけGoogleアドセンスにサイトを申請しても合格できないという人が多く、その助けになる情報に対するニーズが多いという現れだと思います。

Googleアドセンスのアカウント取得を早めに準備したほうが得策か

仮に今後当サイトのアクセスが順調に伸びて、そろそろ広告による収益化を検討してもいいかなと考える時期が来たとします。

しかしその段階でGoogleアドセンスの申請をしたとしても、タイムリーに審査に合格できるでしょうか?

現に、年々 Googleアドセンスの審査が厳しくなっており、数々の先輩のブロガーさん方が、苦労した経験談を語ってくださっています。

それならば、広告を貼るような状況には至っていない現段階から、余裕を見越して早めに審査だけでも受けておいた方がいいのではないだろうかと、こう考えるに至ったわけです。

5月16日申請当日にしたこと

専用のGmailアカウントの新設

アドセンスに限らず、これから様々なアフィリエイトプログラムに加入する予定があります。

現在メインで使っているGmailアカウントにそれらの情報が加わるとメールボックスがごっちゃになってしまうという懸念があります。

そこで、専用のGmailアカウントを取得し、申請に使用することにしました。

16日の午前に行ったことは、まず Gmailアカウントの新設です。

Googleアドセンスアカウントに申請

続いてGoogleアドセンスの申請を行います。この申請に使用したアカウントはもともとメインで使用しているGoogleアカウントです。
先ほど新設したGmailアカウントは、連絡用として使用しようと考えています。1

Googleから提示されたコードを、headerタグ内に挿入します。

私は、Wordpressで、Simplicity2 テーマを使用しています。
Simplicity2で、審査用のコードを貼り付ける手順を書いておきます。

左端のメニューから、「外観」>「テーマの編集」を選択します。

「選択するテーマ」を「Simplicity2 child」に設定。

「テンプレート」に「header-insert.php」を選択。

下の画像の、ファイルの末尾に

<?php //ログインユーザーも含めてカウントする場合は以下に挿入 ?>

とありますね(画像の青いラインで示したところ)。その下にGoogleから提供されたコードを挿入します(赤い枠で示したところ)。

「ファイルを更新」ボタンを押します。

これはHTMLのソースを表示したところ。


headerの中、titleタグのすぐ上に Googleのコードが挿入されているのが分かります。

これで準備は完了。後は審査が終わるのを待つのみです。

審査中のサイトがどうなっていたか、後から分かったこと

上記の一連の作業が終わったのが午前11時半ごろでした。

後から当サイトのアクセス記録を見てびっくりしました。
お昼過ぎの12時半から1時半くらいの1時間に、アクセスが激増していたのです。

原因はGoogle bot でした。

この画像は「WassUp」という、サイトのアクセス状況を表示してくれるWordpressプラグインによるものです。
同プラグインでは、botがアクセスしてくる状況もつぶさにわかって便利なのです。

緑の枠線で示したところ、青い実線(訪問数)の折れ線グラフとオレンジの破線(ページビュー数) の折れ線グラフに、大きな乖離が生じているのがわかるでしょうか?

少数の何者かが、猛烈な勢いで大量に当サイトのページを見まくっている、ということを意味してるんです。

別の角度から見てみましょうか。
この時刻に訪問してきたGoogle botがいかにすごい勢いでページにアクセスしているかが分かります。


ーー実に延々とこれが続くんです。

これまでも様々なbot が我がサイトを訪問している様子をWassupで観察してきました。
そのどれとも違うことは断言できます。

これだけ集中的に“舐めるように”サイトを閲覧するbotは初めてです。

Google Search Console で見たクロールの統計情報

「Google Search Console」という便利なツールがあります。これで、最近90日間の Googlebot の活動を見ることができます。

ちょっとこれを見てください。

グラフの右端がほとんど垂直の壁のように伸びているでしょう?
「1日あたりのクロールされたページ数」の“高”も11,771ですって。

5月16日一日のGooglebotの活動量が凄すぎて、それ以前のグラフがミミズがのたくったみたいに見えます。
おかしなことやっとる…。

参考までに5月8日にたまたま撮影したスクリーンショットを比較のために上げておきます。


一日のクロール数は多くても444、平均で60に過ぎません。ついこの間まではこんな感じだったんです。

グラフを見ただけで、5月16日がいかに「特別なことが起きた日」かが分かります。

これまでのサイト運営、記事を書く上で私が心がけてきたこと

記事を書く上で私が心がけていること

先ほども触れましたように、これまで46日間で合計44記事をアップしてきました。日によってムラがあるものの、基本的に 1日1記事のペースでした。

私のブログは、商品やお店のレビューが主体です。一つ一つの記事を写真を交えながら丁寧に描写するように心がけてきました。

その商品やお店のメニューのどこがいいのか、見てくれる人にわかりやすいように伝えるためです。

上記テーマとも関係ありますが、エログロは取り扱いません。これはGoogleのポリシーとも合致する、とても大切なことです。

私が心がけているのは、「子供でも安心して読める記事」を書くことです。

写真は、雄弁においしさや状況を物語ります。写真を豊富に使って臨場感を伝えるように心がけています。

客観的な事実(お店の場所、営業時間など。食品ならカロリーとか栄養成分など)と、私がそのお店や商品に対してどう感じたかの主観的な感覚を、交えてバランスよく記述するように心がけています。

サイトを運営する上で心がけていること

WordPressの「Jetpack」プラグインを使って、検索エンジン用のXMLサイトマップを生成し送信しています。

プライバシーポリシーを設置

私のブログのヘッダー及びフッターの位置にあるグローバルナビゲーションに、プライバシーポリシーの固定ページを表示させています。

これはGoogleがアドセンスを配信するにあたって必須項目として定めているものです。

Google 広告 Cookie Google は、Google のパートナー ウェブサイト(Google 広告を掲載するウェブサイトや Google の認定広告ネットワークに加盟するウェブサ

同様にお問い合わせページも設置しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。
心がけていることは、いたって当たり前または平凡なことです。
あとはそれをコツコツと、さらに一貫してやれるかではないかと感じています。

Googleアドセンス公式サイトのヘルプには

お申し込みの審査プロセスは、サイトによって 1 日で完了することも、数週間かかることもあります。サイト運営者様にお手続きいただく必要のあるプロセスもあり、そうした処理が完了すると審査を進めることができます。

とあります。

審査の過程はブラックボックスですから、外部の人間には審査にかかる時間の差異がどうして生じるのか、伺い知ることはできません。

審査には機械による一次審査と、人間のチェックによる二次審査が行われているそうです。

12時半から1時半までの、大量のGooglebotによるアクセスはおそらく機械審査と関係があるのでしょう。
その後人間による二次審査も行われたはずです。

しかし、私の手元には一次審査に合格したという通知は来ず、申請した当日に、それも12時間程度でアドセンス審査の合格通知が来ました。こういうケースもあるということですね。

合格後のGoogleアドセンスの画面

合格したあと、Googleアドセンスにログインすると最初にこんな画面になります。


お札が宙を舞っている(^^;…。

ここから広告の設置に必要な様々なコードを取得します。

これからの予定

先ほども述べましたように、私の「Pro.log」は始めて間もない弱小ブログです。

こうしてせっかくアドセンスの審査に合格しアカウントを取得できましたから、テストを兼ねてぼちぼち広告の仮設置などをして、いろいろ試していこうと思っています。

  1. Googleアドセンス用のGmailアカウントとは別の、連絡専用のGmailアドレスを別途設定できるということです。
記事が気に入ったら押してね
記事が気に入ったら押してね
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)