【ヨーグルトを楽しく習慣化しよう!】ダノンヨーグルト 5種類まとめてレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

皆さんは毎日(もしくは頻繁に)ヨーグルトを食べていますか?

私は毎日食べています。

私がヨーグルトを食べる目的は主に2つあります。

1. 整腸作用のため

2. カルシウム摂取のため

ところでそのヨーグルト。皆さんは、どんな銘柄をお選びでしょうか?

スーパーなどでは、各社各様、いろんなヨーグルトが限られた売り場を巡ってしのぎを削っています。

そんな中、私が最近とくに気に入っているブランドをここでは紹介したいと思います。

それはダノンです。

これからご紹介する具体的な商品ラインナップをご覧いただければわかるかと思いますが、ダノン(それも特にビオ)は、“攻めるブランド”です。

他社にも見られないような、ダノンでしか食べられない極めて個性的なヨーグルトを開発しているのです。

それでは早速見てみましょう。

季節限定 ダノン ビオ さくら味 さくらの葉入り New! 甘さ控えめ

2月の中旬から5月の初旬位まで販売されていた季節限定のヨーグルト。ちなみにオーケーストアではまだ売ってました(5/29)。

見た感じはストロベリーなどの系統の薄いピンク色。

桜の花びらなんでしょうかね、濃いピンクのものが所々に混じっているのが見えます。

すごく品の良い、とくに鼻に抜けたときにふわっと良い香りが広がるような、そんな味

なんだろうなぁ、ちょっと表現するのは難しい味なんですよね(^^;。

強いて言うなら、「塩味の抜けた、ヨーグルト味の道明寺(桜餅)」って感じですかね。

何とかそこから連想していただきたいです(^^;。

おいしいかおいしくないかで言ったら、おいしいです。

お気に入り度:

ダノン バニラ 家族のヨーグルト バニラ風味

固めで引き締まった印象。

バニラの香り豊か

バニラアイスクリームから冷たさを差し引いて、ヨーグルト風味の酸味を付け加えた印象です。

バニラが好きなら食べてみて。

私はプレーンとはまた違ったシンプルさが好きになりました。

プレーンも悪くないです。ですが続くと飽きやすいです。
そこへ、シンプルなおいしさを持ったこのバニラがお役にたつと思います。

お気に入り度:

季節限定 ダノン ビオ さくらんぼ(佐藤錦)&桃ミックス

4月10日から発売開始された季節限定のダノンビオヨーグルト。

おそらく桃でしょうか。果肉が入っているのが見えます。

そのままスイーツとして通用するくらいの美味しさ

極めて品の良い甘さ。
さくらんぼから来るとも、桃から来るとも言えない。
両方から来ているのかもしれません。

食後のデザート、スイーツ感覚で楽しめるヨーグルトです。

お気に入り度:

ダノンビオ マダガスカルバニラ

シンプルで品の良い味わい。

バニラの風味はほのかな感じ。上記のダノンバニラに比べるとバニラがかなり控えめです。

普通のバニラよりも、“液体感”が強く、ドロドロしています。

バニラの風味は、普通のものより控えめで、後味にかすかに感じる程度です。

バニラビーンズ由来の黒い粒の入ったこのマダガスカルバニラは、ノーマルなバニラの変化球として楽しめる一品です。
期間限定。

お気に入り度:

ダノンビオ シチリア産レモン

クリーミーなレモン味

ただし、とくに後味に酸味がけっこう強く残ります

食べれば食べるほど、クリーミーさよりもレモンの味(特に酸味)を強く感じるようになる。

これは結構好みが分かれるところです。

味は、もちろんまったくわるくないです。

私はーーー4個セットを買ったが、4個セットでもう十分かな(^^;

お気に入り度:

記事が気に入ったら押してね
記事が気に入ったら押してね
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)